フロンガス回収サービスのご案内

職場の業務用エアコン・冷凍(冷蔵)機器管理が法律で義務化されています!

ご存知ですか?「フロン排出抑制法」

「フロン排出抑制法」は、オゾン層の保護及び地球温暖化の防止を目的に、2015年4月に施行しました。
冷媒としてフロンガス類が充填されている業務用エアコン、冷凍・冷蔵機器(第一種特定製品)を使用している全ての事業者が、「機器の3ヶ月に1回以上の点検」、「フロンガス漏洩の対処」、「記録の保管」、「算定漏洩量の報告」(一定以上の漏洩を生じさせた場合) を義務づけられました。

対象となる機器(第一種特定製品)

冷媒としてフロンガス類が充填されている業務用エアコン、冷凍・冷蔵機器全般

(例)オフィス用エアコン、店舗用エアコン、ビル用マルチエアコン、工場用エアコン、ターボ冷凍機、自動販売機、冷蔵ショーケース、製氷機など

対象となる機器(第一種特定製品)

対象となる事業者

第一種特定製品を使用している全ての事業者

(例)工場、病院、福祉施設、学校教育施設、商業施設、一般店舗・オフィスなど

対象となる事業者

対象となる事業者

職場の業務用エアコン、冷凍冷蔵機器の
フロンガス管理対策を先送りにしていませんか?

すでに多くの事業者様が、フロンガス管理体制を整え、3ヶ月に1回以上の機器の点検や管理運用を実施しています。
地球環境への影響や御社の企業としての社会的信頼のためにも、一刻も早い管理運用体制を準備する必要がございます!

機器の点検

簡易点検・・・・・全ての第一種特定製品が対象。
定期点検・・・・・第一種特定製品のうち、一定規模以上の業務用機器が対象。

漏洩の対処

フロンガス類の漏洩が見つかった場合、修理をしないで充填することは原則禁止されています。適切な専門業者に、機器の修理とフロンガス類の充填を依頼しなければいけません。

記録の保管

機器の点検、修理、冷媒の充填、改修の履歴は、当該製品を設置した時から廃棄するまで、全て管理台帳に記録として保管しなければいけません。

算定漏洩量の報告

フロンガス類の漏洩量が「1000CO2-ton」以上の場合は、所管大臣に報告義務が課せられます。

矢印

機器の管理対策(台帳管理)を行わないと
罰則を受けることになります!

「フロン排出抑制法」では、対象機器の点検を怠ったり、フロンガス類をみだりに放出した場合、
最大「1年以下の懲役又は50万円以下の罰金」などの罰則を受けることがあります。
※管理責任者が罰せられる場合もあります!

フロンガス類の回収・破壊・機器の運用管理対策のご相談は、
都道府県知事の登録認可を受けたフロンガス回収業者にご依頼ください!
安福冷暖は、わずらわしい台帳作成を無料でお手伝いさせていただきます!

フロンガスの回収・破壊は、都道府県知事の登録を受けたフロン回収業者にフロン類を引き渡すことが、これも法律で義務付けられています。

株式会社安福冷暖では、兵庫県、大阪府で許可を取得しています。
フロンガス回収の経験と実績は他社には負けません! 
台帳管理のアドバイスや効率的な機器メンテナンス方法等、お客様の課題を安福冷暖が解決させていただきますので、お気軽にお問い合わせください!

フロンガス回収・破壊・機器管理の相談をする

フロンガス回収・破壊・運用管理は安福冷暖にお気軽にご相談ください!フロンガス回収・破壊・運用管理は
安福冷暖にお気軽にご相談ください!

安福冷暖が未来の地球環境のためにできること。

それは地球全体から見れば、ごくごく些細なことかもしれません。
しかし、一つひとつの小さな力が、少しずつできる事を積み重ねていく中で、
やがて小さな力が集まり、大きな輪が生まれた時、
決して小さくは無い、可能性が生まれる。
私たちはそう、考えています。

木を植える男プロジェクト

ページの先頭へ